Solo Album『Walk on the sea』¥1,500  sold out
沖縄での野外録音作品。
瀬長島、奥武島、中城の廃墟の風景と共に、
アコースティックギターのソロで録音。
録音は沖縄在住の映画監督、當間早志。
マスタリングScott Hull。
ジャケットデザインと監修は
ウクレレユニット”Paititi”の石田英範。
  

1. Lequio 
2. Walk on the sea 
3. Tumbleweed 
4. Wave of ground 
5. Route 58 
6. Dance of the Moon and Stars 
7. The Night Ends 


Falcon『Walk on the sea』
2007年10月に初来沖した夜、
ギターとカレーのお店「ギタギタ」で無数のビザールギターに囲まれて茫然としながら
泥酔してギターを弾いていたところ、
沖縄在住の映画監督の當間早志さんが録音してみようと声をかけて下さいました。
 
翌日昼過ぎ、場所は那覇空港の近くの瀬長島。
沖縄の海を初めて観たのがこの時ですが、
そのまま歩いていけそうだと思ったくらい、
きれいな水平線が広がっていました。
波の音と、ときおり飛ぶ飛行機の音を聴きながら、
自作の曲を録音。
自然と音が一体になったような雰囲気でした。
 
翌2008年にウクレレユニット『Paititi』ツアーで2度目の来沖。
中城城址公園の中の動物園の廃墟というディープスポット。
猛暑の中、場所の奇天烈感もさながら、
蝉の声が奇妙に響き、
コンクリートの独特の反響と
うだるような暑さも同時に録れたような感じです。
 
それから時間は経ってしまいましたが、
早志さんの録る沖縄の空気感で作品をまとめたいと思い、
2013年、新たに瀬長島と奥武島で録音を決行。
2007年瀬長島の録音2曲、
2008年中城の廃墟の録音1曲、
2013年瀬長島の録音3曲、奥武島の録音1曲がこのCDに入っています。
 
アコースティックギターに混じり、
沖縄の色々な風景が共に音楽を奏でているような独特な響き。
楽しんでみてください。
ファルコン